発達障害有名人

医師や専門家が深く詳しく解説します

発達障害有名人

医師や専門家が深く詳しく解説します

発達障害の有名人 :アスペルガー、ADHD、LDを乗り越えた有名人

公開日
更新日

 
執筆:須賀 香穂里(ライター)
 
 
近年、「発達障害」に対する社会的認知や理解が進み、発達障害はその人の「個性」の一つというポジティブな捉え方をする人も多くなってきました。
 
そんな風潮を反映してか、有名人が「自分は発達障害を持っている」と告白するというケースも増えているようです。
 
発達障害の有名人が、公表に踏み切る動機としては、自分の経験をシェアし、発達障害に苦しむ人々に、勇気や励ましを与えたいということなのでしょう。
 
この記事では「 発達障害の有名人 」というテーマで、どんな有名人がどのように発達障害を乗り越えて自分のキャリアを切り拓いたのかについて見ていきます。
 
 

発達障害とは

 
そもそも発達障害とは、どのような病気なのでしょうか?発達障害は、先天的な脳機能の障害が原因で生じる障害で、脳機能の障害が起こる原因については、まだよくわかっていません。
 
親のしつけや育て方、本人の怠慢に発達障害の原因を求める考え方は、根拠のない偏見です。
 
発達障害は3つの分類に分けられます。発達障害の3分類は、自閉症、アルペルガー症候群、のような広汎性発達障害と、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)です。
 
発達障害の特徴は、先天性で、生涯に渡る点です。また、知的障害や精神障害を伴う場合もあります。
 
 

発達障害の有名人 :アスペルガー症候群

 
アスペルガー症候群とは、自閉症スペクトラムと呼ばれる発達障害のひとつです。対人コミュニケーションに困難を抱えていること、限られた興味やこだわりを示すことが主な特徴としてあげられ、知的な遅れがないことから発見されにくい発達障害です。
 

スーザン・ボイル

イギリスで人気のオーディション番組で圧倒的な歌唱力を披露し、一躍有名歌手となった彼女ですが、2012年ごろにアスペルガー症候群の診断を受けていたことを英Observer紙に明かしました。
 
彼女は診断を受けたことで「自分自身に対しよりリラックスしていられる」と語っています。また彼女は自身の対人コミュニケーションの困難に対して「周囲の人がもう少し辛抱強く見守ってくれると助かります」とコメントしたうえで、「アスペルガー症候群だからと言って、私の人生は変わりません」と前向きな姿勢を示しています(1)。
 
 

市川拓司

ベストセラー『いま、会いにゆきます』(小学館)で有名な作家である彼は、自分が発達障害であることを公表しています。
 
彼は、高い集中力と「過去のある瞬間の心のありようが浮かんでくる」という不思議な能力を持っているそうです。彼は、働きながらこの能力を活かすべく小説家を目指しました。そして、『いま、会いにゆきます』の原稿は、3ヶ月間で700枚という人並み外れたスピードで書き上げたといいます(2)。
 
 

アルベルト・アインシュタイン

彼はユダヤ人の理論物理学者で、相対性理論の発表で有名ですね。そんな物理学の天才、アインシュタインも、アスペルガー症候群だった可能性が高いと言われています。
 
アスペルガー症候群はその特徴から、ある限られた分野では素晴らしい記憶力や能力を発揮することがあり、アインシュタインはアスペルガーという確証はないものの、「アスペルガー症候群=天才」というイメージを多くの人に与えているようです(3)。
 
 

その他の、アスペルガー症候群の可能性がある有名人

確証はありませんが、アスペルガー症候群ではないかと言われている有名人は多くいます(4)。
 
海外では、
 
・トーマス・エジソン
・ビル・ゲイツ(マイクロソフト社の創業者)
・スティーブ・ジョブズ(アップル社元社長)
 
など。
 
日本人では、
 
・ジミー大西(画家・タレント)
・さかなくん
 
などが挙げられ、彼らはアスペルガー症候群ではないかと言われています。
 
 

発達障害の有名人:ADHD

 
注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、「集中できない(不注意)」「落ち着きがない(多動性)」「考える前に行動する(衝動性)」の3つが特徴的な症状として見られる発達障害です。
 
また多動性がそれほど見られない場合は注意欠陥障害(ADD)と診断されます。
 
ADHDを持つ人は、忘れ物が多かったり、授業や会議に集中できない、じっとしていられないなどの行動が見られます。
 
 

栗原類

タレント・モデルとして活躍している栗原類さんは、出演していた情報番組でADDであることを公表しています。
 
ADDとは、ADHDの症状の特徴である、多動性が、大人になる事により治まり、不注意や衝動性が主な症状となっている状態で、不安障害、うつ病、薬物依存、アルコール中毒を伴うこともあります。
 
彼は「冷蔵庫の決まった場所にお茶がないと気が済まない」といった強いこだわりや、音などの刺激に敏感に反応してしまう感覚過敏など、発達障害に多く見られる特徴を持っているそうです。
 
彼が診断を受けたのは8歳の時で、早期発見だったことで早く対応ができ、障害による困難を乗り越えられた部分が多かったと言っています(5)。
 
 

fukase(SEKAI NO OWARI)

人気バンドSEKAI NO OWARI、通称セカオワのボーカルであるfukaseさんは、ADHDであることをカミングアウトしています(4)。
 
子どもの頃の彼は「とにかく喧嘩っ早い」など、様々なエピソードにADHDの特徴である衝動性や不注意が伺え、小学校では授業に集中できないためにオール1という成績を取ったことがあるそう。
その後の学校生活もなかなかうまくいかず、不登校になったり通院をしていたこともあるそうです。
 
しかし彼はよき理解者であるバンドメンバーに支えられ、ADHDの特徴であるすさまじい行動力を活かして音楽活動で大きな成長を収めました。世の中のADHDの症状に悩む人にとっては、勇気をくれる存在かもしれません。
 
 

その他の、ADHDの有名人

そのほかにも、ケネディ大統領やクリントン大統領、水泳のマイケル・フェルプス選手など、海外にもADHDの診断を受けた有名人は大勢いるようです(4)。
 
 

発達障害の有名人:学習障害

 
学習障害(LD)とは、知的な遅れは見られないにもかかわらず読み書きや計算など、ある特定の学習分野が極端に苦手・困難である発達障害です。この障害を持っていると、文字が何重にも重なって見えたり、歪んで見えたりして文字の読み書きができないなどの症状が見られます。
 
 

スティーブン・スピルバーグ

映画『ジョーズ』『インディー・ジョーンズ』などで有名なハリウッド映画監督であるスピルバーグ氏ですが、彼はアスペルガー症候群であると同時にディスレクシア(失読症)という学習障害の診断を受けていることを発表しています(1)。これは難読症や読字障害とも言われ、文章を読むという行為に困難が見られます。彼は今でも、本や脚本を読むのに普通の人の2倍の時間がかかるそうです。
 
スピルバーグ氏は2007年頃に学習障害である診断を受けましたが、それ以前にこの障害による困難のために学校では大変な苦労をされたそうです。
学校でのいじめなどもあり、彼はうまく勉強ができないことに,罪悪感や恥ずかしさを感じていたそうです。そんな彼を救ったのが映画制作だったのです。
 
 

トム・クルーズ

有名俳優であるトム・クルーズさんも失読症であったことを告白しています。子どもの頃は障害のせいでいじめられ、内気で静かな少年だったそうです(6)。
しかし彼はその困難にめげず、俳優となってからはこの障害の弱点を長所にしようと他の人とは違う工夫をするように心がけているそうです。
 
 

その他の、学習障害をもつ有名人

上記の二人以外にも、俳優のオーランド・ブルームや英国王族のヴィクトリア女王やカール・フィリップ王子も自分の名前が書けないなどの障害があると告白しています(7)。
 
また日本では、黒柳徹子さんが自身の著書『小さい時から考えてきたこと』の中で、彼女が学習障害であった可能性があることに言及しています(6)。
 
その他にも、ミッツ・マングローブさん、ジム・キャリーさん、ウーピー・ゴールドバーグさん、ウォルト・ディズニーさん等が学習障害ではないかと言われています。
 
 

「 発達障害の有名人 」 まとめ

 
このように、発達障害であることを公表している有名人はたくさんいます。しかし中には、本人はなにも言っていないのに周囲の人が勝手に、「あの人は発達障害っぽい」と言っているケースも多いようですし、また過去のエピソードから発達障害なのでは?と推測されている場合もあるようです。
 
カミングアウトした有名人の方は、発達障害を乗り越え、また発達障害がもたらした特徴をポジティブな方向に活かして、成功を収めています。 彼らの活躍は、多くの同じ病気に苦しんでいる人にとって、勇気を与えています。

 
 
【参考文献】
(1) シネマトゥデイ http://www.cinematoday.jp/page/N0058789
(2) NEWSポストセブン http://www.news-postseven.com/archives/20110413_17499.html
(3) 発達障害・ADHD・アスペルガー症候群・自閉症を支えるためのガイド http://asperger-syndrome.jimdo.com/
(4) 発達障害についてのまとめ http://edu.markelog.net/
(5) livedoor NEWS  http://news.livedoor.com/article/detail/10150848/
(6) 【発達障害】に悩んでない? 発達障害を公表している有名人まとめ http://weboo.link/article/2878
(7) 1からわかる発達障害 http://www.nnaymp.net/316.html
 
 
<執筆者プロフィール>
須賀 香穂里(すが・かほり)
神奈川大学人間科学部・人間科学科所属。社会心理学や人間関係をテーマとした執筆活動を行っている
 
 

オススメリンク

 
関連した情報として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 
「アスペルガーの症状 :特徴的な症状を理解して適切な対応を」
 
自閉症スペクトラム (ASD)とアスペルガー症候群との関係は?
 
ADDとADHDの違い って何?ADDについて詳しく知ろう!
 
「ADHDチェック :ADHDかどうか不安な時は、チェックしてみよう!」
 
「ADHDの原因 ってなに?脳の機能障害?遺伝も関係するの?」
 
「ADHDの特徴 って?シーン別、大人/子ども別に解説!」
 
「ADHDの有名人 :ケースを通して彼らはどうして成功できたのか考察する!」
 
「自閉症の診断 はどのように行うのか? 診断基準と検査の方法とは?」
 
「赤ちゃんの自閉症 について :どんな症状に気をつければいい?」
 
「自閉症 はどういう病気?日本に120万人の患者がいる自閉症を解説」
 
【 ADHDとASD 】注意欠陥・多動性障害と自閉症スペクトラム障害の人に適した職業とは?
 

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。